三重県 風俗 津

三重県の風俗選びの基本は津市の大門だが過疎化が進む

三重県は紀伊半島の東側に位置する県で
近畿地方にも東海地方にも入る位置にあります。

 

細長い形が特徴で県庁所在地は世界一短い
名前の都市である津である。

 

津は県庁所在地でありながら四日市市より
人口が少ない変わった特徴がもあります。

 

面積は三重県内で一番大きいですが
県庁所在地としての人口は全国有数の少なさで
合併で28万人に増えはしたものの
38番目というかなり下の順位に位置している。

 

ただ昔から自然に恵まれた環境から
江戸時代から産業がいろいろ営まれてきた。

 

現在も造船や一部食品メーカーの本社があったり
大規模ショッピングセンターなどが軒を連ね
ド田舎というレベルではないです。

 

津といったら有名なのが大門。

 

三重県最大級の繁華街で飲食店や商店街、
そして風俗店もあることで有名。

 

三重県では数少ない風俗店舗の営業が
許可されている地域のひとつです。

 

有名な観音寺をきっかけに発展してきた港町ですが、
最近は残念ながら衰退の一途を辿っているようです。

 

大きな理由はアクセスの悪さにあります。

 

津で代表的な電車駅は津と津新町駅なのですが
大門はそれらの丁度真ん中らへんに位置しており
駅と直結した場所にはありません。

 

一応津まつりという伝統行事があることから
観光客が多く訪れてくれるので完全に衰退してはいませんが
まつり以外の時期は寂しいといわざるを得ない。

 

期間中は津市の人口より多い
30万人もの人が訪れるといいます。

 

さて、そんな繁華街といっていいのか
ちょっと微妙な津・大門ですが
風俗店も寂しさが否めない感じとなっています。

 

条例の問題もありますが風俗といえど
人が少なければ稼ぐチャンスも少なくなるので
ある意味競争激化より厳しい面があります。

 

それは利用する側も経営する側も、
そして風俗嬢にとってもです。

 

三重県は津に限らずなぜかファッションヘルスが存在せず
店舗型はピンサロかエステかソープに限られる。

 

正に中間部分がない状態となっています。

 

ソープは三重県内に3店舗しか存在しないので
大門にある徳川はけっこう貴重な存在といえます。

 

ただ店舗型に限定しなければ働き口には困らないと思います。

 

津も全国の風俗事情と同じく、デリヘルが中心となっており、
少なくとも30は存在しているからです。

 

中には有名なファイナル東京グループもあり、
津市以外にも三重県の主要都市で働くこともできます。

 

デリヘルは店舗をもたない風俗店なので
条例や法律にあまり縛られることなく営業できるので
間違いなく三重県の風俗では中心となる存在でしょう。

 

ちなみに風俗以外にもセクキャバなどもあります。